読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいほーむ いず きんかくじ

偏差値37から不動産鑑定士を目指す道のり。。

底地おわた

底地割合法
基準にないけど実務では、こんな手法も使って検証するようです。
借地権と一緒で、底地割合を求めて更地に掛けるってやつ。

 

よっしゃ簡単やんけ!

f:id:si6963po:20160808202822j:plain


100%ー財産評価書の借地権割合=底地割合!
なんてことしたらぶっ飛んだ底地価格出てくるから要注意。
基本的に借地権+底地+増分価値=更地価格です。


個別分析して、適切な底地割合を求めましょう。
アバウトなことはなんとでも言えるぜ(。-_-。)

なんやね底地割合って。

本格的にやろうとしたら、
更地の比準価格出してー
底地の比準価格出してー
割合の検証!とでもやるんかしら。
そもそも底地の比準価格が......orz

そんなわけで、
底地割合の大まかな目安ってないのかいな。
ってことで探索。

とりあえずまずは市場分析。
底地を買う人ってどんな人。
大きく分けて2パターン。
①地代収入目当ての投資家。
②底地と借地権の両方買って完全所有権を狙う不動産業者(底地ブローカーいうらしい)。

③おまけというか、当面地代収入で凌いで、隙あらば借地権も買って完全所有権狙う①と②の組み合わせの人。


①は投資家やので、収益還元法が合ってる。
②は取引価格から取引意思決定しそうね。
底地ブローカーさんは、財産評価基準書の底地割合の50%掛け値で買いの目線をつけるそうです。by不動研さんのなんか小難しい本。


ここら辺を根拠に割合法による価格を求めたら、収益価格とのバランスがいい感じになったのでラッキー♪(´ε` )

都内はバブってるから、地代収入による収益価格じゃなかなか価格でないよね。
割合法価格>収益価格になってしまうことが多い気がしまうす。

そもそも適正地代はいくらなのよ!って問題もあるけど。。。
比準から検証する方法やら公租公課との倍率から検証する方法やらあるみたいでつね。


調整文
基準にない手法を重視するってのも何だかアレなんで、収益価格重視の割合法参考で鑑定評価額を決定。
当面は賃料徴収権に着目して収益物件を需要する不動産業者が主たる需要者ごにょごにょごにょ。

お次は宅見。


暑い中、本試験お疲れ様でした。
しばらくはミスしたとことか悶えるかもですが、一週間もすればふりきれます。
ゆっくり夏休みを堪能してくださいませ!

さて、ぼくもそろそろ夏休…
(Ф∀Ф)『こんな仕事溜まってて休めると思ってるの?』

f:id:si6963po:20160808223016j:plain

 

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ