読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいほーむ いず きんかくじ

偏差値37から不動産鑑定士を目指す道のり。。

物件調査奮闘記〜法務局〜

現地を見たし、次は役所調査なり。の前に、道すがら法務局を通るので法務局に寄り道。

f:id:si6963po:20151005220915j:plain

全部事項証明書(みんなが謄本とか言うてるやつ)、公図、地積測量図、建物図面をあるだけ申請。
過去の状況知るために土地・建物の閉鎖謄本も申請。
ここで初見殺しの土地台帳も申請。土地台帳だけは申請用紙に申込欄がないので、知らなかったらほぼ確実に見落としてしまうヽ(;▽;)ノ

ちなみに法務局の人も複写するのがめんどくさいのか、申請するとちょっと苦い顔される笑

 

時系列は土地台帳→閉鎖謄本→全部事項証明書。
昔は土地台帳で管理してて、登記法が改正されて登記簿謄本という形で管理するように。そしてさらに登記法が改正されて、データを紙ではなく電子媒体で管理しよーとなって、現在に至ります。

電子媒体になった後のものの写しが登記事項証明書、紙の頃の写しが謄本。誰も区別して使ってないから無視してもいいと思われるけど笑

 

法務局資料は信用し過ぎてもいかん!とかなんとか言われます。
そうはいっても、そこそこ簡単に手に入る物件資料なんて法務局資料ぐらいやんけ!信用力をある程度判断できる方法があるようなないような。まだ調べ中。
とりあえず法務局資料を適切に読めるようになっとかないと、多分ちゃんとした鑑定が出来ないような気がしまする。

 

全部申し込み終了して待つこと30分。結構待たされることが多いとか。
資料が届いて、確認終わったら印紙貼ってきてねのご案内。

総額1万円オーバー!!
( ゚д゚)『は?え?え?頼み間違えしてないよね??』
初めてなので、マジでちょっと焦る。

 

1部600円とかするから、筆数多かったりすると、2万3万いくこともあるそうで。
行くときは財布にお金突っ込んどかないといけないですね(´Д` )

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ