読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいほーむ いず きんかくじ

偏差値37から不動産鑑定士を目指す道のり。。

実務修習のご案内

実務修習のコト

が出てますね。てかとっくの昔に出てるようですがε-(´∀`; )

  日本不動産鑑定士協会連合会

 

『前倒しで実務修習の準備しときや。連休明けに打ち合わせするで〜』
という宿題が出てたので、鑑定士協会HPより修習案内をチェック。まだ受かってないけど、会社では受かったフリしてますʅ(´◔౪◔)ʃ落ちてたら恥ずかし過ぎるけど、その時の身の振り方はそのとき考えよー

f:id:si6963po:20150922232436j:plain

修習の内容

修習は大きく❶講義と❷基本演習、❸実地演習の3つがあります。


❶講義

①登記とか税金関係の不動産の基礎方面鑑定評価の方法論的な方面の2つで構成されてるっぽい。ミニテストみたいなのがあって、結構シビアだとかなんとか。
これは全員東京に召集されてやるやつ。

①は不動産業界初心者にはありがたいけど、②は鑑定受験勉強の延長のようなことするのかな。座学は苦手や。。。


❷基本演習

修習生で班を作って、協力しつつ評価書を作っていく。。。のかな?笑。よくわからん。グループワークみたいなもんか。
これは東京、大阪の二ヶ所に分かれて研修するやつ。

これ楽しそうね!現地調査とかもやるんかしら。


❸実地演習

物件調査2件、実地演習全部で22類型という構成。宿題というか課題というか、報告書を作って期限内に提出しないといけない。指導鑑定士についてもらう必要があるのはコレ。

仕事しながら1年コースでこの類型をこなしていくのはとてもハードらしい(。-_-。)
他業種働きながらで、仕事が忙しいと1年は地獄コースだとかなんとか。1件当たり1週間かかるとすると、年間で22件か。22週間分が実地演習に持ってかれると考えると確かにヤバい。それなりに覚悟が必要である。。。

というか、講義自体が木金土と平日直撃してくるから他業種だと受講するのも大変そうやが。

 

ねこきんは1年コースの予定です。大変やからなのか知らんが、とりあえず早め早めに実務修習を意識しながら動いとけ!だそうです
ちなみにコースは1年、2年、3年コースがあります。修習受ける人はほぼ1年コース(7〜8割)か2年コース(残り)で、3年コースは滅多におらへんらしい。

❶〜❸(東京)のスケジュールを時系列で並べてみたらこんな感じ↓↓

12/10〜12:講義1回目
3月末:実地演習の1回目提出(5件)
4/15〜16:基本演習1回目
6/2〜4:講義2回目
7月末:実地演習の2回目提出(9件)
8/19〜20:基本演習2回目
10月末:実地演習の3回目提出(8件)
年明けに修了考査 

修習機関と修習費用

有名な話やけども実務修習を受講できる機関は3つです。
A.鑑定事務所なりの勤務先
B.明海大学or日本大学
C.修習受入の事務所(大島不動産鑑定など)
ただし、事務所に師事する場合、コース選びは事務所に指定されることが多い。のと、合格年にいきなり実務修習には行かせてくれないとこも結構あるみたい(1年間下積みしてもらってから実務修習へ)。

費用は総額120万位!たけー!!

内訳は協会に支払うのが30万、指導鑑定士に支払うのが90万。

どこまで費用負担してくれるかも事務所によりけり。てか指導鑑定士に支払う金額とか別に規定で決まってるもんでもないのね。あくまで大学修習のときに支払うのが90万円というだけで。

ということは指導鑑定士への90万は不要、協会宛30万は自分で負担してねってところが多いのかな。


会社が費用負担して有資格者になった瞬間辞められたらたまらんので、スグに辞めることができないようペナルティ設けてる事務所もあるんだとか。

修習まであと・・・

実務修習の申込み期限は11月10日(火)
論文試験の合格発表は10月16日(金)
なんだかんだ合格発表が近づいてきましたね。気がつけば一月切ってる。

合格発表日にTACである就職説明会に参加してみたい!

 

だいぶ前からだけど、鑑定協会のHPも変わってますね!

久しぶりに求人を見てみたら……ヒューリックが求人出しとるー

デベ系の鑑定求人見ると心揺さぶられるのは私だけやろうか。。。

 

大手デベをチラホラ見てみたら、鑑定士関係ないけど三井不動産中途採用募集してますね。

野村不動産もキャリア採用募集してる。野村は鑑定士の取得援助してるし、合格者だと有利かもしれないですね。グループの投資顧問会社への出向とかもあるみたいだし。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ