まいほーむ いず きんかくじ

偏差値37から不動産鑑定士を目指す道のり。。

鑑定理論〜総論1章の学習【不動産の価格の特徴】〜

個人的に総論1章は4部構成って感じのイメージです。

❶不動産のあり方
❷不動産の特性
❸不動産の価格の特徴
❹鑑定士の責務

❸不動産の価格の特徴についてツラツラ書きます。

他はこちら↓

 

①価格と賃料の関係

これは基準もわかりやすいです。
価格が上がったら、賃料も上がるよね!そのまんま。

 

価格・賃料の定義が、TACテキスト右側に書いてあるので覚えておくと便利です。

書く場面が結構あります。

還元利回りと期待利回りの相違もこの定義から派生してくるので、基準じゃないけど大事な定義です。

 

賃料/価格=利回り

価格と賃料の相関関係に着目した手法は3つある(総論7章)

ここら辺も加点事由として使いやすい箇所やと思います。

 

①価格と賃料の関係の論点問われたら、無思考でこの3つ書けるようにしておくと素敵です!

 

②価格と権利の関係

2章の類型の話を抽象的にモヤっと書いてある感じです。

この論点が問われたら、

1)まずは基準をベタっと貼って

2)具体例を書いて文量稼ぐ。

 例えば、借地権と底地の関係がうんたらかんたら(各論1章)とか。

3)最後に加点狙いで賃借権は登記に表れないことが多い〜賃貸借契約書orヒアリング〜とか適当に”権利の確定・確認の話”(総論5・8章)をツラツラ書く!

って感じかしら。

 

③価格と変動の関係

時点修正の根拠となる基準ですね。

ココと変動の原則(総論4章)書いて→時点修正の必要性(総論7章)って流れ。

過去問で"時点修正の必要性"の論証の流れを丸暗記しちゃった方が早いです。


どうでもいいけど『今日の価格は、昨日の展開であり、明日を反映するものであって常に変化の過程にあるものである』って基準。
いきなりどうした!?( ゚д゚)と思ったのは僕だけじゃないはず。

ここだけなんだか毛色が違う笑

基準の中で一番カッコいい文言はなに?って聞かれたらランキング1位な気がするよ(´ε` ) 

 

④不動産の適正な価格

事ある後にいろいろなところで出てくる汎用性高い基準です。

"事情補正の必要性"(総論7章)の論点が一番ズバリな気がする。

"事情補正の必要性"も過去問で書き方を丸暗記してしまった方が早いと思います。


ちなみに過去問集はその年々で解答例作成講師が違ってるから、同じ論点でも書き方が微妙に変わってます。
どれか自分好みのパターンを一つ選んで覚えてしまえばオケーです!

それだけ書けたら満点付きます。

同じ論点なのに、違う表現やからってそれを毎回覚えなおす必要ナシですε-(´∀`; )

私も勉強初期はそこらへんがよくわからず、色んな表現覚えようとしたりして不安になりましたが、不要です。

無視して一個だけでいきませう( ´ ▽ ` )

 

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ