読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいほーむ いず きんかくじ

偏差値37から不動産鑑定士を目指す道のり。。

鑑定基準は一言で言える様になったら理解十分!

後は暗記するのみ。一言で言えるか否かが理解出来ているか否かの指標としても使えるかもですヾ(*゚▽゚)ノ

基準で何言ってるのか一言で説明する練習しとくと便利です。というか一言で『説明できない=理解できてない』に近いと思った方がいいです。

よく聞くのが地域分析を一言で説明できる?ってやつですかね。基準長いし(´ε` )
『不動産の属する圏域を分析して標準的使用を判定すること』
『分析の過程で近隣、同一需給圏、類似地域を判定することとなる』こんな感じ。

これは過去問のどっかにある表現ですけど。

f:id:si6963po:20150902224048j:plain

 ドヤぁ!!

一言練習

1章:鑑定評価のお話。全体的なことをなんかフワッとボヤッと説明。
↑総論1章については、私の理解浅いからこんな説明なっちゃいます(;▽;)ダメな例orz

2章:不動産は種類で分類出来るというお話。用途(種別)での分類と物理的な状態と権利関係(類型)での分類。

3章:価格を形成する要因のお話。価格形成要因は一般、地域、個別の規模での分類と種別・類型での分類がある。

4章:価格形成する法則(原則)のお話。11コあるよ。諸原則は鑑定士の判断基準の拠り所。

5章:基本的事項のお話。鑑定評価するためには、前提条件として3つ確定しなきゃいかんのよ。これがあやふやだと鑑定評価額が意味なさない!

6章:要因分析のお話。①市場分析で市場参加者と市場動向、②地域分析で標準的使用と市場の範囲、③個別分析で最有効使用を判定するよ。

7章:鑑定評価の手法のお話。価格求める手法を3つ、新規賃料求める手法を3つ、継続賃料求める手法を4つ紹介。

8章:鑑定評価の手順のお話。どんな順番で鑑定評価していくのか流れを説明するよ!

9章:鑑定評価報告書の話。鑑定評価の成果物には何を書かなきゃいかんのか説明。書かなきゃいかんことは10項目あるよ。

各1章:類型ごとでの”価格の評価方針”のお話。どの手法で求めた価格を重視するのかの基本型を示す。

各2章:”賃料の評価方針”のお話。各1章の賃料バージョン。

各3章:証券化対象不動産を鑑定評価する場合の特別留意すべきことのお話DCF法が最重要になる!


不動産鑑定士試験は暗記ばかりなんで、気がついたら字ヅラを追うだけの勉強なってたりしました。
それでも暗記できてるなら書けることは書けるんですが、応用が効かなくなっちゃいます。字面暗記になってることに気付いたら、その都度理解暗記に修正修正。出来るだけ意味を噛み砕いて自分のものにしながら暗記です。

バランス感覚

そうは言っても全部理解して一言説明は現実的に無理!

諦めてただ文章として暗記する箇所も出てきます。そういった箇所が安易に増えすぎないように理解するよう努力するって感じですかね。頑張って考えても、先生に質問してもわからないところは割り切って暗記するとかの方が効率良いです。

私自身も先日書いた様に対象確定条件がよくわかってなかったし!(対象確定条件はAランク論点だし、これは講師に質問すべきことでしたケド。。いつのまにか質問すること忘れてたorz)

ちなみに鑑定理論はまだ何とかなるけど、わたし民法とかあまり理解できてないから全然一言で説明できません笑
時効制度とは主として法的安定性確保の要請に基づくものであるから、実体法上の権利の得喪原因と考える

なんだか枝分かれが続いて"停止条件説"とかいうのに辿り着くらしいけど、何が言いたいのかさっぱりわかりまへん。文章として丸飲み込みしただけの典型的なパターンです。ちなみの他の受験生もこの論証の意味よくわからんって方が多かったです。

結局、自分がよくわからないところは他の受験生もよくわからないことが多いです。

割り切ってタダタダ暗記するところと、きちんと意味も理解して暗記するところのバランスを保つ勉強が吉!

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ