まいほーむ いず きんかくじ

偏差値37から不動産鑑定士を目指す道のり。。

初学者でも今から入手できたら便利な教材ベスト3(ノ*ФωФ)ノ

f:id:si6963po:20150802195637j:plain

この時期に入手できたらアドバンテージがでかい教材の紹介です。


試験終了から合格発表後にかけてはネットオークション等で出回るかもしれないので、見かけたら手に入れることをオススメします。(何だか吊り上げセールスしてるみたいですが、私はヤフオク出品のやり方わからないので売りには出しませんから!てか合格してなかったらまた使わないかんヽ(;▽;)ノ)今見たら全然出品はされてなかった笑


教材の中身は毎年大改変するものでもないと思うので、直近のモノでなくても良いです。

 

その教材は、、、
①鑑定理論:特効ゼミ『厳選問題集』
会計学:総まとめテキスト
③経済学:総まとめテキスト

です。

 

以下、これら教材の有用性です↓

 

①特効ゼミ『厳選問題集』

『合格者からの好評がスゴイ!』の謳い文句は納得です。

ねこきんも使ってました。

 

ちなみに鑑定理論の総まとめテキストは問題20問と推奨過去問が載ってます。

総まとめテキストの問題は本試験レベルで難しいので、この時期(8月〜翌3月ぐらい)に無理に手に入れて解かなくてもいいです。

暗記とH元年〜H17の過去問を回す方が有用です。

 

会計学『総まとめテキスト』

構成は、問題24問直近過去問が載ってます。

個人的に各科目総まとめテキストの中では、会計学が1番使えると思ってます。

 

市販の暗記カードは範囲少なすぎる。

基本論点問題集は些末な論点まで載ってて解説も細かすぎます。


両者の間でバランスが良い教材が総まとめテキストです。
ぶっちゃけ、総まとめ24問と答練を丸暗記したら会計学の勉強は8割がた終了です。

(そもそも総まとめ24問覚えたら、答練の大半が解けるため答練で追加に覚える部分もそれほど多くない)

ねこきんは24問を大体7〜8割くらい暗記してました。

 

また、ねこきんは教養科目の過去問には手を出さない派だったので、掲載されている直近過去問も解いてないです。

 

③経済学『総まとめテキスト』

問題15問とそれに関連する参考問題が少しです。


経済学は、基本講義でやる範囲が他の2科目に比べて狭いように感じます。

反面、総まとめ講義で新論点が一気に来ます。

また、直前期は応用問題が当然の様にバシバシ出てきます。

こんなん習ってへんわ!とツッコミたくなります。

経済学はモデルが分からなかったらお手上げになるので、基本講義の論点完璧に抑えていても、部分点すら厳しいことも。
訳がわからないし答練の点数も伸びない → 経済学は苦手、というかヤル気でーへん!

という負の連鎖になりかねません。
早目に手に入れて予習しておければ吉です。

また、総まとめ講義の内容は難しいので、解説DVDも一緒に入手できるとなお良しです。

 

個人的には経済学の講義バランスは若干崩れてるように感じます。

総まとめ講義の内容をもう少し基本講義に割り振ってもいいような……

 

ちなみに経済学も過去問は解いてないです。

教養科目の中で一番試験委員の個性が出る科目です。

あまり過去問を解く意味ないはかな〜と思います。

 

民法のオススメは……?

初学者の場合、この時期で民法の総まとめテキストは不要です。

民法は基本論点で覚えることがぶっちぎりで多いため、まずはそっち優先。

また総まとめの問題はかなり難しいので、解説を聴いてからの方が効率いいです。

 

総まとめテキスト後半に上級本科生で扱っている問題が20問載ってますが、余力ある人向けです(それこそ全国模試で民法10位内を狙いたい人とか!)

上級論点が本試験で出ても大半が解けないので、合否には影響ないです。

ちなみに上級論点は直前答練等でも少し出たりしましたが、ほとんどの人が解答出来てなかったように感じました。

 

ねこきんは上級論点については試験委員対策上、必要そうなトコ(3〜4問くらい)だけやっておきました。

2015年の試験委員は、総則・親族・債権等が怪しいかもと言われていたためそこら辺です。

これも費用対効果は悪いので後回しで十分です。

 

そして民法も過去問解いてないです。

重要そうな過去問の類題は答練で出してくれているし、ボツ問に近いような論点の取捨選択する労力もめんどくさかったので。。。

 

にほんブログ村 資格ブログ 不動産鑑定士試験へ